くらし情報『展覧会「あそびのじかん」東京都現代美術館で、こどももおとなも楽しめる“遊び”がテーマ』

2019年5月30日 20:40

展覧会「あそびのじかん」東京都現代美術館で、こどももおとなも楽しめる“遊び”がテーマ

展覧会「あそびのじかん」東京都現代美術館で、こどももおとなも楽しめる“遊び”がテーマ

展覧会「あそびのじかん」が、2019年7月20日(土)から10月20日(日)までの期間、東京都現代美術館にて開催される。

「あそびのじかん」は、日常の対極にある“遊び”をテーマにした展覧会だ。遊びは、不真面目で非生産的なものという悪いイメージのある一方で、日常の決まり事が通用しないからこそ、たくさんのユーモアや好奇心が生まれる源泉だといえる。

会場には、6組の作家による“遊び”に満ちた作品を用意。触ることのできる作品やゲームのようなものなど、大人も一緒に楽しめる体験型コンテンツだ。

入り口を入ると、洋服タンスで出来た巨大な壁が。アーティスト・開発好明は、たくさんのタンスをボルタリングの壁にすることで、受験競争のプレッシャーを表現した。

《笑う祭壇》は、ボタンを投げて台座に乗せる作品。“失敗”し、台座にのらなかった色とりどりのボタンは床に散らばり重なっていく。それはまるで刻一刻と姿を変える絵画のようだ。

【詳細】
あそびのじかん
会期:2019年7月20日(土)~10月20日(日)
休館日:月曜日、8月13日(火)、9月17日(火)・24日(火)、10月15日(火)
※8月12日(月)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.