くらし情報『ロエベ“籠細工”着想のバッグ「ロエベ・バスケット」ゲートやパズル バッグも、表参道&銀座で』

2019年5月30日 12:15

ロエベ“籠細工”着想のバッグ「ロエベ・バスケット」ゲートやパズル バッグも、表参道&銀座で

ロエベ“籠細工”着想のバッグ「ロエベ・バスケット」ゲートやパズル バッグも、表参道&銀座で

ロエベ(LOEWE)から、ミラノサローネで展示した“籠細工”などに着想を得た新作バッグコレクション「ロエベ・バスケット」が登場。2019年5月30日(木)より、カーサ ロエベ 表参道、ロエベ 銀座店にて販売される予定だ。

2015年から国際家具見本市ミラノサローネに参加しているロエベ。クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンは、世界中の職人技に対して強い関心を持っており、2018年にはタペストリーにフォーカスした展示を行うなどしている。

2019年に焦点を当てたのは籠細工、ハンドキルト、そしてカリグラフィー。日本、アメリカ、南アフリカ、アイルランド、韓国などの国際的に有名な10名の職人にアプローチし、「籠細工と織物」というテーマで制作を依頼した作品を、ミラノサローネにて展示した。

今回発売される「ロエベ・バスケット」は、そんな2019年のミラノサローネで展示された作品にインスピレーションを得て、ロエベの職人たちが作り上げたバッグコレクション。「メッシュ バケット」や「フリンジ バケット」など、籠細工を彷彿とさせるバッグが揃う。

ロエベのアイコンバッグである「ゲート」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.