くらし情報『現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」横浜美術館とみなとみらい21中央地区ほかで開催』

2019年7月5日 16:30

現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」横浜美術館とみなとみらい21中央地区ほかで開催

現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」横浜美術館とみなとみらい21中央地区ほかで開催

「ヨコハマトリエンナーレ2020」が、2020年7月3日(金)から10月11日(日)までの期間、横浜美術館およびみなとみらい21中央地区48街区にて開催される。

「横浜トリエンナーレ」は、3年に1度開催される現代アートの国際展。前回の2017年開催時は“島と星座とガラパゴス”をテーマに、日本の現代アーティストや、アイ・ウェイウェイ、 オラファー・エリアソン、 マウリツィオ・カテランら国際的に活躍する著名なアーティストなど計38組のアーティストが参加した。

2020年も、2017年開催時と同じくメイン会場のひとつを横浜美術館に設定。また、もう一つの会場となる、みなとみらい21中央地区48街区を“プロット48”と名付け、様々な作品の展示を行っていく予定だ。

その他の詳細については随時発表予定。2020年はどのようなコンテンツが展開されるのか期待したい。

【詳細】
ヨコハマトリエンナーレ2020
開催期間:2020年7月3日(金)~10月11日(日)
会場:横浜美術館、プロット48(みなとみらい21中央地区48街区)
住所:
・横浜美術館
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
・プロット48(みなとみらい21中央地区48街区)
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-1
※毎週木曜日休場

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.