くらし情報『東急百貨店の新業態が渋谷スクランブルスクエアに出店 - 東横店は20年3月で終了、地階食品売場は継続』

2019年7月25日 17:45

東急百貨店の新業態が渋谷スクランブルスクエアに出店 - 東横店は20年3月で終了、地階食品売場は継続

東急百貨店の新業態が渋谷スクランブルスクエアに出店 - 東横店は20年3月で終了、地階食品売場は継続

東京・渋谷の東急百貨店東横店が、地下1階の食品売場以外の営業を2020年3月31日(火)で終了する。同施設の営業終了後、渋谷地区では地下1階食品売場、東急百貨店本店、渋谷ヒカリエ内「ShinQs」といった既存店舗を軸に営業を行う。

加えて、2019年11月1日(金)に開業の「渋谷スクランブルスクエア」ショップ&レストランに新業態を出店する。

「渋谷スクランブルスクエア」に東急百貨店の新業態がオープン
「渋谷スクランブルスクエア」のショップ&レストランにオープンする東急百貨店の新業態は、地階2階、1階、そして4階から6階に出店。3つのカテゴリーで、日本初上陸を含む約120の売り場・ショップを展開する。

<3つのゾーン>
・東急フードショーエッジ:最新かつ旬を迎えたものにこだわり、スイーツとデリに特化。
・+Q (プラスク):ビューティーとハンドバッグ、シューズ、ファッション雑貨を取り揃える。
・428-224(シブヤ224):最旬のデザイナーズブランドから次世代ブランドまで、常に50ブランド以上を揃えるセレクトストア。

東急フードショーエッジ:1階に日本初&渋谷初多数、最先端スイーツが集結
「東急フードショーエッジ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.