くらし情報『東宝版「エリザベート」ミュージカルが2020年に東京・大阪・名古屋・福岡で、山崎育三郎がトートに』

2019年8月29日 19:35

東宝版「エリザベート」ミュージカルが2020年に東京・大阪・名古屋・福岡で、山崎育三郎がトートに

東宝版「エリザベート」ミュージカルが2020年に東京・大阪・名古屋・福岡で、山崎育三郎がトートに

ミュージカル・東宝版「エリザベート」が、2020年に四大都市連続公演決定。2020年4月9日(木)から5月4日(月)までの東京・帝国劇場を皮切りに、5月11日(月)から6月2日(木)まで大阪・梅田芸術劇場メインホール、6月10日(水)から6月28日(日)まで名古屋・御園座、7月6日(月)から8月3日(月)まで福岡・博多座にて上演される。

「エリザベート」は、ウィーン・ ハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートと、 彼女を愛した黄泉の帝王・トートの物語。トートは、自由を愛し類なき美貌を誇ったエリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、彼女もいつしかその愛を意識するようになる。 しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、エリザベート自らの死を意味した。

ハプスブルク帝国滅亡と、エリザベートの“運命”を描いた人気ミュージカルは、2000年に東宝版で初演、2015年に内容をリニューアル。2019年には、3か月連続で公演が行われた。2020年公演は、2000年の初演から20周年を迎える記念公演となる。脚本/歌詞をミヒャエル・クンツェが手がけ、音楽/編曲はシルヴェスター・リーヴァイ、演出/訳詞は小池修一郎

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.