くらし情報『ポムポムプリンのお化け屋敷がサンリオピューロランドで、閉館後のパーク内がゾンビだらけに』

2019年9月16日 12:35

ポムポムプリンのお化け屋敷がサンリオピューロランドで、閉館後のパーク内がゾンビだらけに

ポムポムプリンのお化け屋敷がサンリオピューロランドで、閉館後のパーク内がゾンビだらけに

「ポムポムプリンゾンビランド」がサンリオピューロランドで、2019年11月16日(土)、11月30日(土)の2日間開催。チケットは2000枚限定で発売される。

「ポムポムプリンゾンビランド」は、閉館後のピューロランド全体を使ったミッションクリア型のホラーイベント。本イベント手掛けるのは、日本一脱出困難と言われている東京都方南町にあるお化け屋敷「オバケン」のお化け屋敷プランナーだ。

緑色の毒キノコを食べて「グリーンゾンビ」になりかけているポムポムプリン。ゾンビ化寸前のポムポムプリンを救う方法は、6つのキノコを使った解毒剤を作り、届けること。

大量のグリーンゾンビに占拠されてしまったピューロランド内には、シアターや駐車場など、区分けされた6つのエリアが登場。来場者は、ゾンビから逃げながら異なる種類のキノコが隠されている各エリアを回り、6種類のキノコを集めることが出来ればミッションクリアだ。

イベントにポムポムプリンのイメージカラーである「黄色」と「茶色」のものを身につけて参加すると、限定デザインの「ゾンビプリンステッカー」がプレゼントされる。また、ミッションをクリアした人に限定デザインのクリア缶バッジも用意する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.