くらし情報『ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン 2020年春夏コレクション - ベーシックが秘める可能性』

2019年10月1日 20:40

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン 2020年春夏コレクション - ベーシックが秘める可能性

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン 2020年春夏コレクション - ベーシックが秘める可能性

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS)の2020年春夏コレクションが、2019年9月28日(土)、フランス・パリで発表された。

トレンチコートを再構築
今シーズン、ブランドがフォーカスしたのは「トレンチコート」。誰もがその形を知るベーシックアウターをブランドが誇るパターンの技術を駆使して、様々なアプローチで再構築し、予定調和的なデザインを覆していく。たとえば光沢感のあるテキスタイルを起用したロングコートは、アウターとしての形状は保っているものの、ショルダーを通常の位置よりもぐっと下げ、胸元には襟を二枚重ねるようなディテールを採用している。

アウターがドレスやスカートに
スカートやドレスなど、アウターではない別のアイテムへと姿を変えたものもある。ふんわりとしたシルエットのロングスカートは、腰回りにトレンチコートをぐるりと巻きつきたような仕立て。ストラップ付きのミニドレスは、ポケットやベルトループといったパーツを、ボディにぺたぺたと貼り付けたようなデザインになっている。

異素材をミックス
普通はベージュカラーのギャバジンが用いられることの多いトレンチコートだが、ランウェイにはさまざまなテキスタイルを組み込んだ異素材ミックスのピースも散見された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.