くらし情報『ジバンシィ 2020年春夏ウィメンズコレクション - 自然と都市の対比に見る美』

2019年10月3日 06:55

ジバンシィ 2020年春夏ウィメンズコレクション - 自然と都市の対比に見る美

ジバンシィ 2020年春夏ウィメンズコレクション - 自然と都市の対比に見る美

ジバンシィ(Givenchy)の2020年春夏ウィメンズコレクションが、2019年9月29日(日)、フランス・パリで発表された。テーマは「NY PARIS 1993」。

“自然”と“都市”の対比
今シーズンのジバンシィを紐解くカギとなるのは、90年代のニューヨークを彷彿とさせるデニムスタイルと、ノルタルジックなパリの花柄をイメージしたフラワーモチーフのピース。アーティスティック・ディレクターのクレア・ワイト・ケラーは、“都市”のエネルギーから生み出されたデニムと、“自然”からインスピレーションを得た花柄をコレクションの中に共存させることで、2つの要素のコントラストから生まれる美しさを表現した。

90年代ニューヨークを彷彿とさせるデニムルック
デニム地のボトムスは、膝が露になったクラッシュジーンズや、左足だけブリーチを施したようなショートパンツ、太ももに切り込みを入れたクロップドパンツ、リメイク風のロングスカートなど。ボトムス以外にも、左右で濃淡の異なるデニム生地を採用したロングアウターを投入している。

ノスタルジックなパリの花柄
情熱的な花柄は、裾に向かって緩やかに広がっていくボリューミーなロングドレスや、オフショルダーのブラウスなど、フェミニンなアイテムにプリント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.