くらし情報『彩の国シェイクスピア・シリーズ舞台『ジョン王』吉田鋼太郎演出・小栗旬主演で第36弾、埼玉で開催』

2019年10月10日 11:00

彩の国シェイクスピア・シリーズ舞台『ジョン王』吉田鋼太郎演出・小栗旬主演で第36弾、埼玉で開催

彩の国シェイクスピア・シリーズ舞台『ジョン王』吉田鋼太郎演出・小栗旬主演で第36弾、埼玉で開催

吉田鋼太郎が演出を手掛ける彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾 『ジョン王』が2020年6月に上演される。

彩の国シェイクスピア・シリーズ完結までラスト2作
彩の国さいたま芸術劇場を舞台に、シェイクスピア全37作を上演する企画として1998年にスタートした彩の国シェイクスピア・シリーズ。スタート以来、芸術監督・蜷川幸雄のもとで、大沢たかお菅田将暉藤原竜也松坂桃李ら豪華俳優を主演に迎えて国内外に次々と話題作を発表してきた。

2017年12月からは、シリーズ2代目芸術監督に俳優・吉田鋼太郎が就任。「アテネのタイモン」でシリーズが再開され、2019年2月に吉田の初演出作品「ヘンリー五世」が上演された。2020年2月には阿部寛主演『ヘンリー八世』の公開を控えており、完結まで残すところ2作品となっている。

小栗旬主演、初の歴史劇挑戦へ
2020年6月に上演となる第36弾は、英国史上最も悪評の高い王であろうジョンの治世の時代を描いた歴史劇『ジョン王』。吉田鋼太郎が引き続き演出を務める。

主演は、本シリーズ4作品目にして初の歴史劇への挑戦となる小栗旬。生命力とユーモアにあふれ世の中をシニカルに見つめる若者“私生児”を演じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.