くらし情報『ステア 2020年春夏コレクション - “瞳に映る世界”を空想してみたもの』

2019年10月18日 19:45

ステア 2020年春夏コレクション - “瞳に映る世界”を空想してみたもの

ステア 2020年春夏コレクション - “瞳に映る世界”を空想してみたもの

ステア(STAIR)の2020年春夏コレクションが、2019年10月15日(火)に東京・南青山にて発表された。

“瞳に映る世界”に想い巡らせて
「瞳に映る世界は、誰ひとり同じではない」と考えるデザイナーの武笠綾子が、その曖昧で不完全な境界線にある“視界”の世界を落とし込んだ今季。テーマは「SIGHT(=視界)」と掲げた。

カラーはグレイッシュやベージュのトーン、そしてアースカラーをメインに採用し、時折見えるはっきりとした確かな存在を少量のネオンカラーで魅せようとした。グレーのセットアップやスカートのヘムにはオレンジのパイピングが施され、ブラウスのディテールには、なめらかなファブリックに混ざり込んで、まるでレース素材のように実用的なオレンジ色のスポーティメッシュが配されている。

朧気な世界を示すファブリックは、薄いニットやクリアなポリ素材など様々。フラワーモチーフや木目調のテキスタイルなど、自然を想わせる表現は、目に映るものと目に映らないものを混合させるための手段として採用した。たゆたうファブリックにのせたグラデーションは、曖昧な世界そのものだ。

儚さだけではない強さの部分
ゆらぎのある未完成なものから読み取る儚さは、女性がもつ繊細な美しさとリンクさせて、エレガンスなワンピースやスカートを生み出した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.