くらし情報『コウザブロウ 2020年春夏メンズコレクション - 潔さ・気合が形作る風格』

2019年10月19日 21:55

コウザブロウ 2020年春夏メンズコレクション - 潔さ・気合が形作る風格

コウザブロウ 2020年春夏メンズコレクション - 潔さ・気合が形作る風格

コウザブロウ(KOZABURO)は、2020年春夏メンズコレクションを、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」3日目の2019年10月16日(水)に発表。渋谷・SOUND MUSEUM VISIONで、ランドロード ニューヨーク(LANDLORD NEW YORK)との合同ショーにて発表した。

ナイトクラブに和太鼓と枯山水
ショーの幕開けは、和太鼓のパフォーマンス。地下のナイトクラブというロケーション、真っ赤なライティングに相反するような清々しさをもって、力強い演奏が行われると、枯山水を思わせる装飾が施されたランウェイにモデルが登場した。

無骨なブラック
目に留まったのは、ブラックに彩られた無骨なピースの数々だ。開襟シャツは、ゆったりとしたシルエットながらも立体感があって凛とした雰囲気を演出し、ブーツカットのパンツは身体とつかず離れずの距離感を保ちながらも、独創的なフォルムを描き出す。

潔い仕立て
デニムのセットアップや、肉厚なマスタードイエローの生地で仕立てたロングコートなどもまた、そのソリッドな質感を生かした、堂々としたパターンメイキングがなされている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.