くらし情報『映画『リチャード・ジュエル』クリント・イーストウッド監督が、96年爆破テロ事件の真実を描く』

2019年11月10日 08:05

映画『リチャード・ジュエル』クリント・イーストウッド監督が、96年爆破テロ事件の真実を描く

映画『リチャード・ジュエル』クリント・イーストウッド監督が、96年爆破テロ事件の真実を描く

クリント・イーストウッド監督映画『リチャード・ジュエル』が、2020年1月17日(金)に日本公開。

アトランタ・オリンピックの爆破テロ事件を題材に
『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』『15時17分、パリ行き』『運び屋』と、これまでも事実を基に物語を描いてきたクリント・イーストウッド。今年で89歳を迎えながらも現役監督を務める彼から、記念すべき40本目となる作品が到着。『リチャード・ジュエル』は、1996年のアトランタ・オリンピックで起こった爆破テロ事件の“真実”を描く衝撃の問題作だ。

容疑者となってしまった1人の警備員
物語の舞台は、アトランタ・オリンピックの開催真っ只中。突如爆破テロが勃発した会場はパニックに陥った人々で大混乱となる。そんな中、不審なバッグを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって、数多くの人命が救われた。

…しかし事件は一転。爆弾の第一発見者であるジュエルが、FBIから容疑者の疑いがかけられ逮捕に追い込まれる。ジュエルの無実を信じるのは、実の母・ボピと、世界一無謀な弁護士ワトソン・ブライア(サム・ロックウェル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.