くらし情報『京都国際マンガミュージアムで「イストリエタ」展、メキシコの知られざる大衆漫画文化に迫る』

2019年11月24日 14:50

京都国際マンガミュージアムで「イストリエタ」展、メキシコの知られざる大衆漫画文化に迫る

京都国際マンガミュージアムで「イストリエタ」展、メキシコの知られざる大衆漫画文化に迫る

京都国際マンガミュージアムの企画展「メキシコの知られざる大衆漫画「イストリエタ」展-民族文化としての漫画表現-」が、2019年12月7日(土)から2020年2月25日(火)まで、京都国際マンガミュージアムで開催される。

メキシコの知られざる大衆漫画「イストリエタ」
中南米のスペイン語圏で用いられる「イストリエタ」とは、日本語で“漫画”を意味する言葉。「イストリア」が「歴史」や「物語」を意味する一方、「イストリエタ」という言葉には「歴史になりきれないもの」、あるいは「小さな物語」といったニュアンスが含まれており、現地の漫画が、日本のものとは些か異なる世界観を持っていることが垣間見れる。

原画や当時の雑誌・新聞を通して、その歴史を辿る
その「イストリエタ」は、メキシコで19世紀から20世紀にかけて、風刺画や娯楽読み物から広告や教育にまでまたがり、民衆の漫画文化へと広がっていくこととなる。本展では、その歴史的な歩みを辿りながら、その多岐に渡るジャンルと現在の姿を、作品の原画やそれぞれの時代の雑誌・新聞と共に展示。

「ユーモア」「ロマンス」「ヒロイン」「子供たち」「ヒーロー」「チャロ(メキシコのカウボーイ)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.