くらし情報『映画『うたのはじまり』“ろう”の写真家・齋藤陽道が、嫌いだった「うた」に出会うまでのストーリー』

2019年11月28日 12:10

映画『うたのはじまり』“ろう”の写真家・齋藤陽道が、嫌いだった「うた」に出会うまでのストーリー

映画『うたのはじまり』“ろう”の写真家・齋藤陽道が、嫌いだった「うた」に出会うまでのストーリー

ドキュメンタリー映画『うたのはじまり』が、2020年2月22日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開される。

“ろう”の写真家・齋藤陽道が、「うた」に出会うまでのドキュメンタリー
『うたのはじまり』の主人公となるのは、窪田正孝の写真集やMr.Children、森山直太朗等のアーティスト写真を撮影してきた“ろう”の写真家・齋藤陽道。彼が自身の子育てを通して、嫌いだった「うた」に出会うまでを記録したドキュメンタリーを描く。

齋藤が、補聴器を捨て、カメラを持ったのは20歳のこと。「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ彼にとって、写真とは自分の疑問と向き合うための表現手段であった。やがて同じく“ろう”の写真家である盛山麻奈美と結婚し、彼女との間に大切な命を授かる。

そんな斎藤は、幼少期の苦い経験から、「うた」が大嫌い。大切な息子に出会うまでは、音楽を“振動”としか捉えることができずにいた。しかしある日育児中に、自分の口からふとこぼれたのは一曲の子守歌。今までネガティブなものでしかなかった音楽に対して、斎藤は初めて好奇心を抱く。

“音楽は、どんな色をして、どんな形をしているのだろう?” “「うた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.