くらし情報『ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2020春夏シーズン、スポーティー&マニッシュな女性像を』

2019年11月30日 14:30

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2020春夏シーズン、スポーティー&マニッシュな女性像を

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2020春夏シーズン、スポーティー&マニッシュな女性像を

ユニクロ(UNIQLO)は、イネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)とのコラボレーションによる「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」の2020年春夏コレクションを発表。

“女性の自由”を描くスポーティー&マニッシュな2020年春夏コレクション
2020年春夏コレクションのテーマは「1924」。同年は、パリでオリンピックが開かれた年であり、この大会より女性のオリンピックへの参加が正式に認められ、女性の社会進出が進んだ20年代の象徴的な出来事のひとつとなった。

そんなテーマを掲げた今季は、これまでと変わらずフレンチシックをベースにしながらも、トラディショナルでマニッシュ、スポーティーなアイテムを数多く提案する。

フレッシュなグリーンやフラワーモチーフで爽やかに
カラーパレットは、これまでのネイビーやレッド、ホワイトといった定番色を控えめに、フレッシュなグリーンを採用。淡いタッチで描かれるフワラープリントも登場する。シワ加工のワンピースやセットアップには、草花とともにパリの国鳥であるニワトリと日本を象徴するツルを描いている。

スポーティーなトラックスーツが初登場
また、パリのオリンピックを象徴するスポーティーなアイテムが今季のムード。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.