くらし情報『映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』田中圭主演、長野五輪スキージャンプの感動秘話を描く』

2019年12月1日 12:40

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』田中圭主演、長野五輪スキージャンプの感動秘話を描く

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』田中圭主演、長野五輪スキージャンプの感動秘話を描く

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』が、2020年6月19日(金)より全国公開。田中圭を主演に迎え、1998年長野五輪で金メダルに輝いた、長野五輪スキージャンプ団体の感動秘話を描く。

栄光の裏方を支える“テストジャンパー”主役の感動ドラマ
1998年長野五輪。見事金メダルを獲得した長野五輪スキージャンプの舞台裏には、選手たちを優勝へと導いた25人の“テストジャンパー”たちが存在していたことを知っているだろうか?映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』は、代表選手ではなく、そんな“テストジャンパー”たちの人間ドラマを、実話をもとに描いたオリジナルストーリー。そのメンバーの1人・西方仁也を主人公に、金メダル獲得までの知られざる感動秘話を映し出す。

“テストジャンパー”とは?
そもそもテストジャンパーとは、代表選手たちの競技前に、ジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。競技の上では重要な役割を担うが、ジャンパーたちの多くは、惜しくもオリンピックの出場が閉ざされた実力者の集まりでもある。

もとは日本代表選手の西方
主人公となる西方仁也も、もとはリレハンメル五輪の団体戦・代表選手として出場し、日本代表最高飛距離135mの記録を残した人物。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.