くらし情報『アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』市川染五郎×杉咲花、少年少女の青春ストーリー』

2019年12月26日 08:05

アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』市川染五郎×杉咲花、少年少女の青春ストーリー

アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』市川染五郎×杉咲花、少年少女の青春ストーリー

劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』が、2020年5⽉15⽇(⾦)より公開。メインキャストは、市川染五郎×杉咲花が務める。

イシグロキョウヘイが描く、少年少女の青春グラフィティ
『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』は、『四⽉は君の嘘』『クジラの⼦らは砂上に歌う』を手掛けたイシグロキョウヘイ監督によるオリジナルアニメーション。⾔葉×⾳楽をキーワードに今回彼が描いたのは、サイダーのように⽢く弾ける、少年少⼥たちの⻘春グラフィティ。⼈とのコミュニケーションが苦⼿な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少⼥が出会うことで始まる、ひと夏の物語が描かれる。

キャスト市川染五郎×杉咲花
メインキャラクターに声を当てるのは、若き実力派キャスト。口に出せない思いを俳句にのせて表現する主人公の少年・チェリー役には、歌舞伎界の新星・⼋代⽬ 市川染五郎が抜擢。

またそんなチェリーとショッピングモールで偶然出会い、距離を縮めていくヒロイン・スマイル役は、『楽園』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』など、話題作が耐えない杉咲花が担当する。

キャラクター像に“当てはまった”2人の声
メインキャラクターを務めるこの2人の配役は、イシグロキョウヘイ監督のオファーによって実現したもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.