くらし情報『映画『黒い司法 0%からの奇跡』弁護士ブライアン・スティーブンソンによる“奇跡の実話”を描く』

2020年1月19日 16:05

映画『黒い司法 0%からの奇跡』弁護士ブライアン・スティーブンソンによる“奇跡の実話”を描く

映画『黒い司法 0%からの奇跡』弁護士ブライアン・スティーブンソンによる“奇跡の実話”を描く

映画『黒い司法 0%からの奇跡』が2020年2月28日(金)より公開される。

弁護士ブライアン・スティーブンソンの“奇跡の実話”を描く
映画『黒い司法 0%からの奇跡』は、冤罪の死刑囚たちのために闘う弁護士ブライアン・スティーブンソンによる“奇跡の実話”を、『ショート・ターム』の監督デスティン・ダニエル・クレットンが描いたドラマ作品。

舞台となるのは、黒人への差別が根強く残る1980年代のアメリア・アラバマ州。無実の罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士ブライアンが立ち上がることから物語は始まる。

しかしそんなブライアンが直面するのは、仕組まれた証言に、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫といった、数々の差別と不正。果たしてブライアンは、最後の希望となり、罪なき黒人たちを救うことができるのか?可能性0%からの奇跡の逆転劇に挑むー。

Who is ブライアン・スティーブンソン?
日本ではあまり馴染みのないブライアン・スティーブンソンだが、彼は社会正義活動家としても活躍する、アメリカの著名弁護士。アラバマ州モンゴメリーを拠点とする司法の校正構想の事務局長も務める人物だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.