くらし情報『日本橋桜フェスティバル、ピンクに輝く“光のアート”でお花見&桜スイーツや屋台イベントも』

2020年1月19日 19:15

日本橋桜フェスティバル、ピンクに輝く“光のアート”でお花見&桜スイーツや屋台イベントも

日本橋桜フェスティバル、ピンクに輝く“光のアート”でお花見&桜スイーツや屋台イベントも

日本橋桜フェスティバル「SAKURA FES NIHONBASHI/OFF TO MEET」が、東京の日本橋・八重洲・京橋エリアにて、2020年3月15日(日)から4月5日(日)まで開催される。

日本橋エリアで桜を満喫
2020年で7回目の開催となる日本橋桜フェスティバルは、日本橋エリアで桜をテーマにした様々な企画が楽しめる春イベント。2020年は雑誌『広告』の編集長を務める小野直紀をクリエイティブディレクターに迎え、「OFF TO MEET=会いに行く」をコンセプトに、“いま・ここ”でしか体験できない多彩なコンテンツを展開する。

光のアートでお花見
コレド室町テラス大屋根広場には、約10万球ものLEDライトを使用した桜のアート作品「The Tree Of Light-灯桜-」を展示。LEDライトの光り方が時間によって変化するため、“いま・ここ”だけの見え方で、新感覚のお花見を楽しむことができる。

枝垂れ桜モチーフのインスタレーション
仲通りには、日本橋に咲く「枝垂れ桜」をイメージしたインスタレーション作品「Nihonbashi Art Street-コトバナミキ-」が登場。風に揺れる言葉のモチーフや、日本橋の街にあふれる声を取り入れた音楽を用いて、「枝垂れ桜」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.