くらし情報『隈研吾の建築デザインホテル「ふふ 奈良」が奈良公園内に - “縁側”着想のリビングなど』

2020年1月23日 17:35

隈研吾の建築デザインホテル「ふふ 奈良」が奈良公園内に - “縁側”着想のリビングなど

隈研吾の建築デザインホテル「ふふ 奈良」が奈良公園内に - “縁側”着想のリビングなど

奈良県の奈良公園内に、新しいスモールラグジュアリーリゾート「ふふ 奈良」が、2020年6月5日(金)に開業する。

隈研吾が建築デザイン、“奈良の魅力”を閉じ込めた新ラグジュアリーリゾート
「熱海 ふふ」「ふふ 河口湖」など、高級温泉旅館「ふふ」シリーズの新施設が、世界遺産溢れる街・奈良にオープン。その土地として選ばれたのは、正倉院や東大寺といった歴史的建造物をはじめ、自然溢れる広大な敷地を構える奈良公園内だ。

建築デザインは、“その土地の文化に溶け込む建築”を目指す世界的建築家・隈研吾が担当。ホテルには古都奈良の景観を継承する大和張り、奈良格子、連子格子を設えたほか、奈良を代表するブランド“吉野杉”をふんだんに使用。その建築物の随所から、奈良の魅力を感じ取ることができる。

客室に広がる日本の“おもてなし”
客室に入ってからは、隈研吾の考える日本ならではの“おもてなし”が待ち構える。広々としたリビングには、かつて“集いの場”としていた縁側の過ごし方を現代に再解釈。掘り込みのリビングの部屋の段差は、快適なソファや昼寝の布団、はたまた座卓としても楽しむことが可能だ。

また古来から床に座る、日本の伝統的なスタイルで過ごすのも良し。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.