くらし情報『映画『未来へのかたち』焼き物の里・砥部町を舞台にした家族の再生』

2020年2月28日 14:00

映画『未来へのかたち』焼き物の里・砥部町を舞台にした家族の再生

映画『未来へのかたち』焼き物の里・砥部町を舞台にした家族の再生

映画『未来へのかたち』が、公開を延期。当初は2020年7月3日(金)に公開を予定していた。新たな公開日は決まり次第、公式ウェブサイトなどにて発表される。

焼き物で巨大聖火台を!
愛媛県にある焼き物の里・砥部町(とべちょう)を舞台に、磁器製の聖火台を制作を目指すお話。それを通してへ家族の再生を描いていく。

主人公・竜青(伊藤淳史)
『未来へのかたち』の主人公で砥部焼・りゅうせい窯の主人。聖火台デザインコンペを勝ち抜き「磁器製の聖火台」制作へ挑むことになる。ただ、しかしそれには、敵対する父や、陶磁器を窯で焼いて作る窯元(かまもと)たちの技術が必要となるのだが…。

兄・竜哉(吉岡秀隆)
竜青の兄。突然町に戻る。竜哉のついた嘘により職人気質で不器用な父子の争いが激化。因縁が再燃される。

父親・竜見(橋爪功)
竜青とは対峙している。不器用で竜青と同様に職人気質。

母親(大塚寧々)
竜哉、竜青の母親。2人が幼いころに不慮の事故で亡くなる。それが家族がバラバラになるきっかけとなってしまう。

あらすじ『未来へのかたち』
砥部焼・りゅうせい窯の主人である竜青(伊藤淳史)は、聖火台デザインコンペを勝ち「磁器製の聖火台」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.