くらし情報『箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示』

2020年6月6日 14:50

箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示

箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示

企画展「ドラマチック・ラリック」が、箱根ラリック美術館にて、2020年9月12日(土)から2021年3月21日(日)まで開催される。

ルネ・ラリック、香水瓶の世界
19世紀から20世紀のフランスで、ジュエリーやガラス工芸を手がけたアーティスト、ルネ・ラリック。ジュエリー作家としてはカルティエ(Cartier)などの一流宝飾店から依頼を受けるほどの成功を収めたラリックであったが、パリの香水商フランソワ・コティとの出会いをきっかけに“香水瓶”のデザインを手がけるようになった。

香水の香りは、もちろん目には見えない。しかしラリックはそうした香りの世界を花々や月などのイメージに喩え、モダンで繊細な瓶のデザインで表現した。単に容器である以上に、独自の物語が込められたラリックの香水瓶は、人びとの心を奪うこととなる。

香水瓶と広告をあわせて展示
本展「ドラマチック・ラリック」では、そうしたラリックが手がけた香水瓶の数々を展示。“真夜中”を意味する「ダン・ラ・ニュイ」や、「ヴェール・トワ」つまり“あなたのもとへ”といった、繊細な香水瓶を目にすることができる。

またこれら香水の広告もあわせて展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.