くらし情報『ジミー チュウの20年秋冬ウィメンズシューズ、“日本の絵巻物”着想ブーツ&パール付きスニーカー』

2020年7月5日 18:50

ジミー チュウの20年秋冬ウィメンズシューズ、“日本の絵巻物”着想ブーツ&パール付きスニーカー

ジミー チュウの20年秋冬ウィメンズシューズ、“日本の絵巻物”着想ブーツ&パール付きスニーカー

ジミー チュウ(JIMMY CHOO)の2020年秋冬コレクションから、ウィメンズシューズが登場。新作バッグと共に展開される。

“21世紀の普遍の美”をテーマに
“21世紀の普遍の美”をコレクションテーマに掲げた今シーズンは、世界中のあらゆる文化的要素をミックスしているのが特徴。秋冬らしい“こっくり”とした色彩を中心に、ジミー チュウの美学を詰め込んだブーツやパンプス、色々なヒールのアイテムなどが展開される。

“日本の絵巻物”着想のアンクルブーツ
まずは秋冬の人気シューズ・ブーツから紹介。マニッシュなものから、エレガントな佇まいのものまで、バリエーション豊富なデザインを揃える今シーズンは、ジュエルが煌めくイブニングスタイルの「KENDRIX」アンクルブーツが一押しアイテムだ。

ボディを彩る美しいブルーのプリントは、日本の絵巻物や、フランスのトワル・ド・ジュイ 生地の柄にインスピレーションを得て制作されたもの。その絵柄の中には“JCロゴ”もミックスされるなど、細部にまでこだわりが詰め込まれている。

“文化の融合”を表現したパッチワーク
また今季のキーワード“文化の融合”を、エンボスドスネーク×カーフレザーのパッチワークで表現したアンクルブーツもお目見え。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.