くらし情報『フランソワ・オゾン監督映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』ヨーロッパ震撼の衝撃事件に基づく実話』

2020年7月16日 10:30

フランソワ・オゾン監督映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』ヨーロッパ震撼の衝撃事件に基づく実話

フランソワ・オゾン監督映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』ヨーロッパ震撼の衝撃事件に基づく実話

映画『グレース・オブ・ゴッド告発の時』が、2020年7月17日(金)より全国公開される。

ヨーロッパを震撼させた事件に基づく衝撃の実話
『グレース・オブ・ゴッド告発の時』は、ヨーロッパを震撼させた神父による児童への性的虐待事件「プレナ神父事件」の真相に迫った物語。

20年、30年経ってもなお虐待のトラウマに苦しむ男たちが、告発するまでの葛藤に苦しみ、告発したことによる周囲との軋轢という代償を背負いながらも、告発によって確かに生まれた希望を紡ぎ出す様子を、実話を基に繊細に描いていく。

2016年1月に捜査が開始された「プレナ神父事件」。ある一人の告発がきっかけで、80人にも上る証言が集まり、プレナ神父は担当する教区を変えながら長年にわたって信者家庭の少年たちに性的暴力を働いていたという驚くべき事実が白日の下にさらされた。2020年3月の一審で、プレナに禁固刑5年が求刑されている。

なお、事件の裁判は現在も係争中で、渦中の神父から本作の上映差し止めを訴えられるという、前代未聞の事態へと発展した。

監督はフランスの“鬼才”フランソワ・オゾン
メガホンをとるのは、フランスの“鬼才”フランソワ・オゾン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.