くらし情報『ホテル椿山荘東京で「東京雲海」庭園内に雲海が出現、霧に包まれながらの特別な庭園散策も』

2020年8月3日 19:30

ホテル椿山荘東京で「東京雲海」庭園内に雲海が出現、霧に包まれながらの特別な庭園散策も

ホテル椿山荘東京で「東京雲海」庭園内に雲海が出現、霧に包まれながらの特別な庭園散策も

ホテル椿山荘東京では、霧に包まれた幻想的な情景を楽しむ空間演出「東京雲海」と、夜ならではの庭園の魅力が楽しめるライトアップ「千の光のライトアップ」の2つを、2020年10月1日(木)より一般公開する。

椿山荘70周年に向けた取り組み第1弾
ホテル椿山荘東京のある地は、南北朝時代(1336〜1392年)より“つばきやま”と呼ばれた景勝地で、江戸時代には安藤広重の「名所江戸百景」や斎藤月岑の「江戸名所図会」にも描かれた美しい土地だ。今回開催される2つの演出は、2022年に控える椿山荘70周年に向けた取り組みの第1弾。この地に惚れ込み庭園と邸宅を築いた明治時代の元勲・山縣有朋公から、約140年に渡って代々受け継がれてきた美しい自然の魅力を、その代名詞である庭園を通して紹介する企画となっている。

庭園内に雲海が出現する「東京雲海」
「東京雲海」は、主に山間部において発生する自然現象である雲海を庭園内で再現した空間演出。本来は気象・季節・時間など様々な条件が整ったタイミングでしか観測されない雲海を、東京にいながら体験出来る。

霧に包まれた庭園を建物から見下ろすと眼前に現れるのは、霧の間から見える緑の木々がまるで海に浮かぶ島々のように映える、幻想的な雲海の景色。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.