くらし情報『映画『AWAKE』吉沢亮主演、“棋士 VS コンピューター”将棋にかける若者の青春ストーリー』

2020年8月15日 06:00

映画『AWAKE』吉沢亮主演、“棋士 VS コンピューター”将棋にかける若者の青春ストーリー

映画『AWAKE』吉沢亮主演、“棋士 VS コンピューター”将棋にかける若者の青春ストーリー

吉沢亮主演の映画『AWAKE』が、2020年12月25日(金)に公開される。

実際に起きた将棋電王戦が着想源、“将棋”にかける若者たちの青春ストーリー
映画『AWAKE』は、2015年に実際に開催された棋士 VS コンピュータの将棋電王戦(※)をもとに、山田篤宏監督が書き下ろしたオリジナルストーリー。棋士になる夢をあきらめた主人公の内気な大学生が、AI将棋のプログラミングに目覚め、かつてのライバルと再戦を果たす青春物語を描き出す。

(※)2015年4月に行われた将棋電王戦 FINAL第5局、棋士 VS AWAKE戦。開始からわずか49分、21手という異例のスピード決着となった。将棋プログラム・AWAKEの開発者は、元奨励会員という経歴の持ち主、また、棋士の手がコンピュータの習性をついたものであったことから、当時、ネットユーザー、将棋ファンの間で物議を醸した。

キャスト主演に吉沢亮
主演に抜擢されたのは、『キングダム』『一度死んでみた』など、話題作への出演が絶えない吉沢亮。『キングダム』では、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞するなど、高い演技力にも注目が集まる吉沢が、周囲との関わりを持つことが苦手な内気な青年・英一役に挑む。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.