くらし情報『ワタリウム美術館で「生きている東京 展」“都市の精神性”を問い直す - 会田誠など15組の作品展示』

2020年8月16日 14:25

ワタリウム美術館で「生きている東京 展」“都市の精神性”を問い直す - 会田誠など15組の作品展示

ワタリウム美術館で「生きている東京 展」“都市の精神性”を問い直す - 会田誠など15組の作品展示

展覧会「生きている東京 展アイラブアート15」が、東京のワタリウム美術館にて、2020年9月5日(土)から2021年1月31日(日)まで開催される。

“都市の精神性”を問い直す──
2020年9月に開館30周年を迎えるワタリウム美術館。これに合わせて開催される「生きている東京 展アイラブアート15」は、15組のアーティストが目にしたこの30年から、“東京”という都市を再考する展覧会だ。

ワタリウム美術館の設計を手掛けた建築家マリオ・ボッタは、その計画の初期段階で、街に豊かさを与える顔となるような、大きなファサードを表面に設置することを考えたという。通学や通勤、休日のショッピングの人びとが通りを往き交い、一歩路地に入ればそこに暮らす人びともいるように、ワタリウム美術館は“東京”という都市の日常と結びついてきたのだ。

コレクションを中心に
本展では、コレクションを中心に未公開ドキュメントなどを展示。20世紀末のアメリカを代表するデイヴィッド・ハモンズ《ワン・ダラー》や、ある土地に生きる人びとの生活や文化、新しいコミュニケーションのあり方をめぐる作品を手掛ける島袋道浩《象のいる星》などのほか、詩人や劇作家などとして活躍した寺山修司、メディア・アートを開拓したナムジュン・パイクらの作品も目にすることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.