くらし情報『ホテル椿山荘東京“触れる雲海”や約1万本の椿が庭園に、幻想的なライトアップも』

2020年9月20日 12:25

ホテル椿山荘東京“触れる雲海”や約1万本の椿が庭園に、幻想的なライトアップも

ホテル椿山荘東京“触れる雲海”や約1万本の椿が庭園に、幻想的なライトアップも

ホテル椿山荘東京にて「庭園プロジェクト」が2020年10月1日(木)よりスタート。開業70周年を迎える2022年に向けて、ホテル内庭園で様々な企画を実施する。

「庭園プロジェクト」自然溢れる庭園で6つの企画を実施
南北朝時代から“つばきやま”と呼ばれ、明治、大正時代には山縣有朋、藤田平太郎といった大御所から愛されてきた景勝地に現存する、ホテル椿山荘東京の庭園。時代を超えて人々に癒しと心の潤いをもたらしてきたこの地の素晴らしさを後世へ受け継ぐため、今回ホテル椿山荘は新たに「庭園プロジェクト」を実施する。

「庭園プロジェクト」では主に6つのコンテンツを用意。「東京雲海」、「椿山」復活プロジェクト、「千の光ライトアップ」といった現代技術と伝統的な庭園の景観を活かした企画を展開していく。

「東京雲海」“触れる”雲海が庭園に
まず注目となるのが、庭園に“雲海”を再現する企画「東京雲海」だ。本来、季節や時間的、気温、風など様々な条件が揃った時にのみ出現する“雲海”を、庭園内に人工的に生み出す。

高い日本の技術を使って作られたノズルを用いて、雲や霧と同じ10から20ミクロンの細かい水の粒を均一に発生。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.