くらし情報『マックスマーラ 2021年春夏コレクション - “世界の再構築”に挑む女性たちのコスチューム』

2020年10月1日 19:05

マックスマーラ 2021年春夏コレクション - “世界の再構築”に挑む女性たちのコスチューム

マックスマーラ 2021年春夏コレクション - “世界の再構築”に挑む女性たちのコスチューム

マックスマーラ(Max Mara)の2021年春夏コレクションが、イタリア・ミラノで発表された。

ルネサンス期や女性アーティストの作品から着想
今シーズンのインスピレーション源になったのは、女性アーティスト、コリン・スウォーンによる、マルチメディアを駆使したインスタレーション作品「サイレントスティック」。ルネサンス期にイタリアで生まれた演劇「コメディア・デラルテ」に着想しており、2013年から2015年のマックスマーラ・アート・プライズ・フォー・ウィメンを受賞した作品だ。

今季のコレクションは、そんなコリン・スウォーンの美学や、ルネサンス期のムードを落とし込んだもの。それと同時に、マックスマーラは今シーズンの洋服を、ルネサンス期に人々が文化の再生や復活を目指したのと同じように、今まさに“世界の再構築”に取り組んでいる現代女性たちのコスチュームとして据えている。

胸元にたっぷりのギャザー
特徴的なディテールは、大きく開いた胸元に入れたギャザー。ルネサンス期を生き抜く人々が纏っていたであろう装束からインスパイアされて、ブラウスやドレス、オールインワンといったアイテムの胸元に、たっぷりのギャザーを寄せている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.