くらし情報『イッセイ ミヤケ 2021年春夏コレクション - ものの形が変わる時の驚きと歓び』

2020年10月8日 11:25

イッセイ ミヤケ 2021年春夏コレクション - ものの形が変わる時の驚きと歓び

イッセイ ミヤケ 2021年春夏コレクション - ものの形が変わる時の驚きと歓び

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)の2021年春夏コレクションが発表された。

洋服を“コンパクト”に収める
シーズンテーマは「アンパック・ザ・コンパクト(UNPACK THE COMPACT)」。「服をコンパクトに収めて世界中の人々の元へ届けるとともに、それを開けるときの驚きと歓びを感じてもらいたい」。デザイナー近藤悟史による3度目のコレクション発表は、そんな想いを元に形作られている。

前回2020年秋冬コレクション発表の際、パリへ送る荷物の量を目の当たりにし、「次回のコレクションは服がかさばらないように、極力量を減らせないか」と考えた近藤。1つの箱の中に全てのルックを収めるイメージからインスピレーションを得て、コンパクトな洋服づくりに取り組んだ。

コレクションで提案するのは、“畳む、重ねる、束ねる、丸める”など、洋服を小さく収めるデザイン。たとえば「OUT A PIECE」ライダースは、ファスナーでパーツをつなぎ合わせることで立体的なフォルムが生まれる洋服。パーツには伸縮性のあるファブリックを採用しているため、ファスナーで連結することで柔らかなシルエットを描く。パーツの着脱によって様々な着こなしができるのも魅力だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.