くらし情報『大阪・万博記念公園「紅葉まつり」約1万本の木々が織りなす秋の絶景、夜間ライトアップも』

2020年10月22日 19:10

大阪・万博記念公園「紅葉まつり」約1万本の木々が織りなす秋の絶景、夜間ライトアップも

大阪・万博記念公園「紅葉まつり」約1万本の木々が織りなす秋の絶景、夜間ライトアップも

大阪・万博記念公園にて「万博記念公園 紅葉(もみじ)まつり」が2020年11月7日(土)から12月6日(日)まで開催される。

万博記念公園、紅葉した約1万本の木々が織りなす秋だけの絶景
モミジやカエデ、イチョウなどが色づく紅葉の季節に、毎年開催されている「万博記念公園 紅葉まつり」。約20種類・約1万本が織りなす錦絵のような美しい景色は、多くの人々を魅了してきた。

秋が深まる11月。2020年もその絶景を眺めることができる。

夜間ライトアップも実施
2020年、日本庭園の西側特設エリアでは、夜間ライトアップが行われる。夜に照らされる園内の紅葉は、昼間とは異なる雰囲気で来園者を迎え入れる。竹林の小径を散歩したり、木漏れ日の滝を眺めたりと秋の夜を堪能できそうだ。

日本庭園の茶室「汎庵・万里庵」の特別公開
この時期だけ特別に公開されるのが、日本庭園内にある茶室「汎庵・万里庵」だ。広々とした庭園に囲まれた「万里庵」では、水琴窟が奏でる優しい水の音を聴きながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる。季節の和菓子と抹茶を味わいながら紅葉を眺められる「汎庵」での呈茶は、より贅沢な和の空間を満喫したい人におすすめだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.