くらし情報『ジン カトウ 2021年春夏コレクション - 色の変化が詩的に映し出す心の変化』

2020年10月20日 17:30

ジン カトウ 2021年春夏コレクション - 色の変化が詩的に映し出す心の変化

ジン カトウ 2021年春夏コレクション - 色の変化が詩的に映し出す心の変化

ジン カトウ(ZIN KATO)の2021年春夏コレクションが、東京・北青山で発表された。

「再生」をテーマに、約2年ぶりのショー
テーマは「再生」。“何かが変わる、そして変えられる”と2020年の変動を見つめ直したデザイナー加藤徹は、約2年ぶりにコレクション制作と向き合った。とにかく作ろう、その一心で始めた製作であったが、作っていく中でテーマが決まり、コレクション発表時には自身まで“再生”する起爆剤になったと話す。

色の変化が心の変化へと繋がる
そんなデザイナー加藤の心境の変化を具現化するように、コレクションは黒の世界から多彩な色彩の世界、そして白の世界へと繋ぐ、ストーリー仕立てになっていた。この流れるような色の変化は感情に訴えかけるところがあり、白の世界が終わる頃には、穏やかで開放的な気分が感じられた。

エレガントなドレスに眠る“意外性”
ショーピースは、美しい日本の生地やレースを使って仕上げた繊細なデザイン。クラシックでエレガント、この基軸からぶれることなく、シルエット違いで様々なドレスを展開した。ユニークなのは、パッと見た印象と近くでみた時に感じる印象の変化。

中華刺繍を施した黒のロングコートは、落ち着きのあるように見えたが、近づくほどに、その漆黒の世界から小さな花模様が浮かび上がり、ロマンティックに映る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.