くらし情報『ミキオサカベ 21年春夏コレクション - “足元から作る”高揚感と機能性を備えたファッションの形』

2020年10月20日 18:05

ミキオサカベ 21年春夏コレクション - “足元から作る”高揚感と機能性を備えたファッションの形

ミキオサカベ 21年春夏コレクション - “足元から作る”高揚感と機能性を備えたファッションの形

ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)の2021年春夏コレクションが、2020年10月17日(土)東京・渋谷ミヤシタパークで発表された。

“足元”から作るコレクションの形
ここ数シーズン、デザイナー坂部三樹郎は“足元”の虜だ。2018年からは、DMM.makeとコラボレーションのもと、スニーカーブランド「ギディーアップ(GIDDY UP)」をスタートさせ、3Dプリントを使用した“ぷくぷく”ソールのスニーカーを展開。2020年春夏には、スニーカーを基軸としたコレクションをランウェイショーで発表した。

足元への興味・関心は色褪せることなく、今季へと繋ぐ。キーワードは「歩くという行為の進化とファッションの関係性」。ショーピースは全て“足元”を起点にデザインされ、スニーカーの延長線上に繋がる形で洋服を作り上げたという。

ファッションの視点から見ると、この製作アプローチは意外性でユニーク。というのも通常洋服は、胸から上、顔周りに目がいくようにデザインされている。しかし、ミキオサカベが理想としたのは、足元に意識を集め、そこから上へ上へと視線を上げていく動線。こういったアプローチからも、坂部三樹郎の探求心が“足元”に集中していることを感じられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.