くらし情報『長編アニメ映画『Away』ラトビアの新進クリエイターが“たった1人”で製作&美しきロードムービー』

2020年10月22日 15:55

長編アニメ映画『Away』ラトビアの新進クリエイターが“たった1人”で製作&美しきロードムービー

長編アニメ映画『Away』ラトビアの新進クリエイターが“たった1人”で製作&美しきロードムービー

長編アニメーション映画『Away』が、2020年12月11日(金)に公開される。

ラトビアの新進クリエイターが“たった一人で”制作した話題作
『Away』は、ラトビアの新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディスが、約3年半の月日を費やして、たった一人で<製作・監督・編集・音楽>を全て作り上げた長編デビュー作品。膨大な作業量によって集団で分担することが主流となっている長編アニメーションの常識を破っただけでなく、映画祭で計8冠を達成するなどその実力もお墨付き。

また惜しくも受賞には至らなかったものの、第47回アニー賞においては『アナと雪の女王 2』や『トイ・ストーリー4』と並んで、ベストミュージック部門にもノミネートされるなど、世界から熱い視線が注がれている作品のひとつだ。

“全編台詞ナシ”美しき映像美で綴るロードムービー
そんな話題作『Away』の物語は、飛行機事故で島に不時着した少年が、様々な土地をオートバイで駆け抜けるロードムービースタイルで進行していく。美しい冒険の旅を見事な映像で再現しながら、全編には“一切セリフがなく”、哲学的なメタファーによって観る者の感性を刺激する。

また幼い頃から日本のアニメーションが大好きだっというギンツは、「『Away』は私にとって非常に個人的な映画なので、世界中の観客に本作が届けられたことを知って、私はとても恐縮しつつ興奮しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.