くらし情報『ゼロハリバートンの展示販売会が銀座&丸の内で、アーカイブの稀少な1点物スーツケースやキャリーバッグ』

2020年11月1日 17:15

ゼロハリバートンの展示販売会が銀座&丸の内で、アーカイブの稀少な1点物スーツケースやキャリーバッグ

ゼロハリバートンの展示販売会が銀座&丸の内で、アーカイブの稀少な1点物スーツケースやキャリーバッグ

スーツケース・ラゲッジブランドのゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)がアーカイブアイテムを展示販売するイベント「ゼロハリバートン デッドストックマーケット(ZERO HALLIBURTON DEAD STOCK MARKET)」が、2020年11月1日(日)よりゼロハリバートン丸の内店およびギンザ シックス店にて開催される。

ゼロハリバートンは、1938年に創業した米国発のトータルラゲージブランド。NASAの依頼によってアポロ11号用の「月面採取標本格納器」を製造したことで名を馳せて以降、現在ではブランドの象徴であるアルミニウムケースを中心に、世界中に多くの支持者を持つ。

今回開催する「ゼロハリバートン デッドストックマーケット」では、そんなゼロハリバートンの過去の稀少なアーカイブ品を展示&販売。現行品では使用されていないパーツを用いた、既に生産が終了しているモデルや、特別に製造されたリザード柄やウッド柄のアタッシュケースなど、全て1点限りのスーツケースやラゲッジが一堂に会する。

貴重なゼロハリバートンのアーカイブアイテムをデッドストックで入手できる滅多にない機会。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.