くらし情報『写真展「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」が東京&名古屋で、SNSで活躍する16組が参加』

2020年11月21日 10:30

写真展「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」が東京&名古屋で、SNSで活躍する16組が参加

写真展「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」が東京&名古屋で、SNSで活躍する16組が参加

写真展「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」が、東京・浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」で2020年12月11日(金)から2021年1月11日(月・祝)まで開催される。また、2021年2月11日(木)から2月14日(日)までの期間で、愛知・名古屋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO. NAGOYA」にも巡回する。

変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展
朽ち果てた建物の物々しい雰囲気から連想される、"心霊現象"や"過去の負の遺産"といったネガティブなイメージを覆すほどの美しさから、廃墟をアート作品へと昇華した「変わる廃墟展」。壮大に輝く美しい姿から、"SF的な雰囲気も感じることができる"と話題の「行ける工場夜景展」。「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」は、そんな2つの人気企画をミックスさせた写真展だ。

廃墟で満天の星空を
会場では、廃墟で撮影した星空の写真で人気を集め、Instagramのフォロワー数が3万人を超える啝(わ)や、今にも動き出しそうなクリアな廃墟写真を撮影するORGANIZEなどの作品が並ぶ。

近未来的な雰囲気の工場夜景
また、書籍表紙や雑誌記事などに写真を提供する大倉裕史や、工場夜景歴25年以上の片山英一なども参加し、近未来的な雰囲気を醸し出す工場の夜景写真を展示する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.