くらし情報『マリオットによるラグジュアリーホテル「W」大阪に初上陸、安藤忠雄デザイン監修&大阪商人の遊び心テーマ』

2020年11月27日 13:30

マリオットによるラグジュアリーホテル「W」大阪に初上陸、安藤忠雄デザイン監修&大阪商人の遊び心テーマ

マリオットによるラグジュアリーホテル「W」大阪に初上陸、安藤忠雄デザイン監修&大阪商人の遊び心テーマ

日本初上陸となるラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W(ダブリュー)」が大阪に進出。「W 大阪(ダブリュー 大阪)」として、2021年3月16日(火)に開業する。

日本初上陸「W」安藤忠雄のホテルデザインで誕生
マリオット・インターナショナルが展開するブランドのひとつであり、1998年にニューヨークで誕生した「W」が、積水ハウスの開発のもと大阪に誕生。大阪を南北に結ぶ御堂筋を舞台に、世界的建築家である安藤忠雄をホテルデザイン監修に迎えた、こだわりの建築様式で登場する。

“大阪商人の遊び心”を、ホテルデザインテーマに
「W 大阪」のデザインテーマは、“大阪商人の遊び心”。江戸幕府の方針により過度な贅沢が禁止されていた時代、表向きは控えめな装いとしながらも、内内では豪華さを極めた粋な遊びを楽しんだといわれる大阪商人たちのエピソードに着想を得た。

完成した地上27階・地下1階から成るホテルは、スタイリッシュな黒を基調にしたミニマルな外観×大阪のエネルギッシュな街をイメージした、賑やかで個性的なインテリアを組み合わせているのが特徴だ。

贅沢体験を楽しめる客室
全337室を備える客室は、全室に鮮やかな色彩と、すっきりとしたラインが印象的な“W”デザインを用いてるのが印象的。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.