くらし情報『寺田倉庫による現代アートのコレクターズミュージアム「ワット」作品鑑賞できるカフェ併設で天王洲に誕生』

2020年12月13日 19:15

寺田倉庫による現代アートのコレクターズミュージアム「ワット」作品鑑賞できるカフェ併設で天王洲に誕生

寺田倉庫による現代アートのコレクターズミュージアム「ワット」作品鑑賞できるカフェ併設で天王洲に誕生

現代アートのコレクターズミュージアム「ワット(WHAT)」が、2020年12月12日(土)、東京・天王洲にオープンする。

寺田倉庫による現代アートのコレクターズミュージアム「ワット」
「ワット」は、アートシティを目指した街づくりを行う寺田倉庫が手掛けた、現代アートのコレクターズミュージアム。WHAT=WAREHOUSE OF ARTという施設名称に、“倉庫を開放、普段見られないアートを覗き見する”というコンセプトを込め、現代アートシーンで活躍する作家の作品をコレクターの思いと共に展示する。

一般的な美術館の常設展示よりも作品の入れ替えを多く行うことで、訪れるたびに表情を変えるのが「ワット」ならではの魅力だ。

なお、2016年より保管・展示を行ってきた「WHAT」の先駆けである建築倉庫ミュージアムは、「建築倉庫プロジェクト」と改名し、同施設内で継続して建築に纏わる展覧会を開催していく。

オープニング企画展では奈良美智作品も展示
展示のオープニングを飾るのは、2名のコレクターが、それぞれの視点や価値観をもって収集した作品約70点を公開する「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.