くらし情報『ディオール 2021-2022秋冬 プレタポルテ コレクション - 「おとぎ話の世界」へ…』

2021年3月8日 14:40

ディオール 2021-2022秋冬 プレタポルテ コレクション - 「おとぎ話の世界」へ…

ディオール 2021-2022秋冬 プレタポルテ コレクション - 「おとぎ話の世界」へ…

ディオール(DIOR) 2021-2022秋冬 プレタポルテ コレクションが発表された。ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」を舞台にした今季は、その現実離れした幻想的な広間に相応しい“おとぎ話の世界”を描き出している。

マリア・グラツィア・キウリが描く「おとぎ話の世界」
マリア・グラツィア・キウリが探求した“おとぎ話”の世界――それは子供の頃に夢見たファンタジーのシンボリックな要素を引き継ぎながら、ステレオタイプに囚われない自由で挑戦的なムードを交差させているのが特徴だ。

シンボリックなユニフォームを再解釈
例えば“おもちゃの兵士”をイメージした制服は、レッド&ホワイトの差し色が美しいブルーのカシミヤコートのシリーズとして登場。また今季散見されたフード付きのケープやレインコートの中には、まるで「赤ずきん」に見まがう真っ赤なルックも。スタイリングには、センタープレスのパンツ×スクエア トゥのパンプスを合わせたことで、本来の愛らしい少女像を良い意味で裏切る、独立した女性像を描いているようにも感じられる。

ランウェイに溢れる“レッド”
かつてムッシュ ディオールが“赤いコート”の美しさを讃えたように、今季はこうした鮮やかなレッドを使用した美しいピースがランウェイに溢れている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.