くらし情報『メアグラーティア 2021年秋冬コレクション - 布の一片も偶然を廃さず』

2021年3月20日 21:05

メアグラーティア 2021年秋冬コレクション - 布の一片も偶然を廃さず

メアグラーティア 2021年秋冬コレクション - 布の一片も偶然を廃さず

メアグラーティア(meagratia)の2021年秋冬コレクションが発表された。

“偶然性”を柔らかく取り込む
“UNEXPECTED”、すなわち「予期できないこと」をテーマに掲げた、今季のメアグラーティア。染料の粒子が互いに衝突・散乱して不規則に広がる絞り染、比例の均整を破る不定形、あるいは身体と布地とがその場その時で織りなすフォルム──そうした偶然に生まれるモチーフや色調、かたちを柔らかく取り込み、表情豊かなコレクションを展開する。

絞り染が生みだす表情
絞り染は、たとえばシャツに取り入れて。奇を衒わないシルエットを採用することで、染めが織りなす独自の風合いと表情を引き立てた。一方でフーディには、ボディやスリーブに不定形なカットとともに配しており、ブラックの地と鮮やかな絞り染めとが互いにコントラストを織りなしている。

静かに崩れる均整
一方、独特のシワ感をもつブルゾンはダブル仕様で、フロントをやや斜めに傾くよう仕上げて。同じく傾いたポケットと呼応して、ブルゾンの均整を静かに崩している。袖先、フロントのボディ部分と裾部分に配したボタンも、それぞれに間隔が異なり、あたかも不協和音を──しかし繊細に──響かせるようなアクセントをもたらしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.