くらし情報『ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花』

2021年3月19日 11:10

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花

ミキオサカベ 2021-22年秋冬コレクション - 静的なプロダクトに咲く繊細な草花

ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)の 2021-22年秋冬コレクションが「Rakuten Fashion Week Tokyo 2021 A/W」1日目の2021年3月15日(月)にワールド北青山ビルで発表された。

“初心”に戻る気持ちで
“独特な空間を誰もが手に入る物で作るというズレを表現したかった”と語る坂部三樹郎が用意したのは、床や階段をシルバーのシートで敷き詰めた、シンプルながらも異質な空間。そんな会場でまず最初に披露したのは、学生時代によく作っていたというジャケットアイテムだ。“未曾有の出来事によって世の中の価値観が変わっていく中で、初心に戻る気持ちでデザインした”という。

スペンサージャケットはラペルに淡いピンクをのせ、テーラードジャケットには赤いチェック柄を採用するなど、クリーンな印象を残しながらもフェミニンなムードもプラスした。

ファッションにプロダクトを取り込む
また、“流行によって変化していくファッションに、大きな変化を好まないプロダクトアイテムを取り込む方法を模索したい”という坂部三樹郎の想いを象徴するアイテムも散見された。その好例となるのが、機能性を追求するプロダクトアイテムで用いられることが多い、ビニール素材を用いたアイテムだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.