くらし情報『フミト ガンリュウ 2021-22年秋冬コレクション - 必然的多様性を探求して』

2021年3月19日 23:45

フミト ガンリュウ 2021-22年秋冬コレクション - 必然的多様性を探求して

フミト ガンリュウ 2021-22年秋冬コレクション - 必然的多様性を探求して

フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU) 2021-22年秋冬コレクションが「Rakuten Fashion Week Tokyo 2021 A/W」2日目の2021年3月16日(火)に、六本木・新国立美術館にて発表された。ブランドにとって東京コレクション初参加となる記念すべき今季は、リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)の山縣良和が手掛ける特別なインスタレーション演出と共に幕を明けた。

「必然的多様性」をテーマに
“起こりうる物事に、偶然は存在しない”と力強く語るデザイナー・丸龍文人は、今シーズン現代社会に溢れる「必然的多様性」を大きなキーワードに掲げた。そのテーマを反映するように、年齢・性別・人種に囚われない様々なモデルを起用したランウェイには、6人組の人気アイドルグループ“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバーたちも登場している。

多彩なアウター群
幅広く性質の異なる群が存在する――「多様性」本来の意味を表現するように、今季は枠組みにとらわれない様々なテイストが自由に交差している。その筆頭となるのが、秋冬の主役となるアウター群。もこもこのダウンに始まり、コーチジャケットやミドル丈のジャケット、セットアップで提案されたスーツジャケットといったピースが、次々とランウェイに顔を出していく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.