くらし情報『コンダクター 2021-22年秋冬コレクション - 荒々しさの中に潜む“胸キュン”ロマンス』

2021年3月20日 19:50

コンダクター 2021-22年秋冬コレクション - 荒々しさの中に潜む“胸キュン”ロマンス

コンダクター 2021-22年秋冬コレクション - 荒々しさの中に潜む“胸キュン”ロマンス

コンダクター(el conductorH)2021-22年秋冬コレクションが、ランウェイショー形式で2021年3月17日(水)東京・ホテル メルパルク東京で発表された。

コンダクター初のランウェイショー
ブランド設立から3年目を迎えるコンダクターは、デザイナー長嶺信太郎が手掛ける日本のファッションブランド。デザイナー自身が幼少期から現在までに影響を受けたカルチャーをインスピレーション源に作られた洋服は、ストリートのムードをくんだエッジィなデザインが特徴的だ。攻撃的なグラフィック、パンチの効いた色柄など”今っぽい”デザインであるが、生地・附属共に国内で作られた高品質素材にこだわるなど、日本男子らしい頑固なセレクト。伝統技術に敬意を称しながら、センセーショナルなデザインを提案している。

ブランド初のランウェイショーは、オーセンティックなスタイルでありながら、ショー終了後も何度も頭の中でリピートしてしまう、クセになるかっこよさがあった。東京タワー・増上寺近くのホテル地下駐車場という会場セレクトから、赤い蛍光灯のライティング、バンドによる生パフォーマンス、ストリートブッキングを含むモデル選びまで、“ショーをやってみたかった”というデザイナー長嶺の夢が詰め込まれているからだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.