くらし情報『アツシ ナカシマ 2021-22年秋冬コレクション - 日本画家「楚水」の絵画、洋服に今蘇る』

2021年3月22日 19:10

アツシ ナカシマ 2021-22年秋冬コレクション - 日本画家「楚水」の絵画、洋服に今蘇る

アツシ ナカシマ 2021-22年秋冬コレクション - 日本画家「楚水」の絵画、洋服に今蘇る

アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)の2021-22年秋冬コレクションが、2021年3月19日(金)に表参道 ヒルズ スペースオーにて発表された。シーズンテーマは「楚水」。

日本画家「楚水」の絵画が現代の洋服に蘇る
今シーズン、デザイナー・中島篤の心を捉えたのは、生涯、日本画家として情熱を注いだ曾祖父「楚水」の絵画。墨で力強く描かれた絵画を、現代の洋服に色鮮やかに蘇らせたコレクションが披露された。

トレンチコートやMA-1に日本画をのせて
日本画をのせたのは、トレンチコートやステンカラーコート、MA-1、シャツ、ワンピースなど、日常に馴染み深い洋服。ドロップショルダーで仕立てたMA-1には壮大な自然と渡し船を、ロング丈のトレンチコートには儚げな雪景色を大胆に描いた。

墨絵に眠る多彩なカラーを呼び覚ます
「楚水」が描いていたのは墨絵だが、“白黒の絵の中に多彩な色が眠っている”と中島はいう。たとえば虎と月を描いた日本画は、ワンピースではオレンジからピンクのグラデーションをのせることで夕暮れ時のような景色に。シャツでは、深いブルーやグリーンをのせることで静謐な真夜中をイメージさせる絵に仕上げた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.