くらし情報『ライブ映画『アメリカン・ユートピア』デイヴィッド・バーンの音楽アルバム原案、監督にスパイク・リー』

2021年4月22日 18:00

ライブ映画『アメリカン・ユートピア』デイヴィッド・バーンの音楽アルバム原案、監督にスパイク・リー

ライブ映画『アメリカン・ユートピア』デイヴィッド・バーンの音楽アルバム原案、監督にスパイク・リー

映画『アメリカン・ユートピア』がTOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイント他にて近日公開。

デイヴィッド・バーンのアルバム「アメリカン・ユートピア」が原案
映画『アメリカン・ユートピア』の原案となったのは、元トーキング・ヘッズのフロントマンでグラミー賞受賞経験のあるデイヴィッド・バーンが2018年に発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」。同作品のワールドツアー後、2019年秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台がスタートした。

監督にスパイク・リー
そんなブロードウェイ・ショーの映像化の可能性を考えたデイヴィッド・バーン自身が『ブラック・クランズマン』の監督 スパイク・リーに声を掛け、映画化が実現。バーンのライブ映画は、トーキング・ヘッズ時代にも『ストップ・メイキング・センス』が作られたが、今回は全く新しいスタイルのライブ映画が完成した。

劇中のステージに現れるのは、様々な国籍を持つ11人のミュージシャン。アルバム「アメリカン・ユートピア」の収録曲やトーキング・ヘッズ時代の代表曲など全21曲を披露しながら、現代社会におけるあらゆる問題について問いかける。

作品詳細
『アメリカン・ユートピア』
公開日:近日公開
※2021年5月7日(金)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.