くらし情報『「世界報道写真展2021」東京・滋賀・京都・大分で、現代社会や自然の光景など写す報道写真が集結』

2021年4月23日 14:40

「世界報道写真展2021」東京・滋賀・京都・大分で、現代社会や自然の光景など写す報道写真が集結

「世界報道写真展2021」東京・滋賀・京都・大分で、現代社会や自然の光景など写す報道写真が集結

「世界報道写真展2021」が、2021年6月12日(土)から8月9日(月・休)まで東京都写真美術館 地下1階展示室にて開催される。その後、滋賀にて9月20日(月・祝)から10月15日(金)まで、京都にて10月18日(月)から10月31日(日)まで、大分にて11月5日(金)から11月19日(金)まで開催される。

世界の報道写真から優秀作品が集結
「世界報道写真展」は、1956年より始まったドキュメンタリー、報道写真の展覧会。毎年開催される「世界報道写真コンテスト」において国際審査員団によって選出された入賞作品が世界中の約120会場で展示される。年間を通じて約400万人が足を運ぶ世界最大級の報道写真展だ。

「世界報道写真展2021」では、130の国と地域から応募のあった計74,470点の中から選ばれた入賞作品約150点を紹介。「現代社会の問題」「一般ニュース」「環境」「自然」「長期取材」「スポーツ」「スポットニュース」「ポートレート」の全8部門における、28カ国45人の受賞者による作品が集結している。

世界報道写真大賞はマッズ・ニッセン《初めての抱擁》
注目は、最も優れた作品に対して贈られる「世界報道写真大賞」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.