くらし情報『オニツカタイガー“タイの手織りテキスタイル”を採用したスニーカー、ドイトンとコラボ』

2021年5月16日 12:00

オニツカタイガー“タイの手織りテキスタイル”を採用したスニーカー、ドイトンとコラボ

オニツカタイガー“タイの手織りテキスタイル”を採用したスニーカー、ドイトンとコラボ

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)は、タイ発祥の「ドイトン(Doi Tung)」とコラボレーションした「メキシコ 66(MEXICO 66)」などのスニーカーを2021年5月24日(月)にオニツカタイガー 表参道、大阪心斎橋、神戸などにて発売する。

タイの手織りファブリックを採用したスニーカー
コラボレーションスニーカーには、少数民族によるハンドメイドのものづくりを行う「ドイトン」がタイ現地で生産する手織りファブリックをメインに採用。糸を紡ぎ、柄が出てくるまで1週間を要する手織りテキスタイルは機械織りと比べて柔らかく、繊細な柄に仕上がるのが特徴だ。

レッド×ブルーのテキスタイル
ラインナップは、「メキシコ 66」「メキシコ 66 パラティ(MEXICO 66 PARATY)」「セラーノ(SERRANO)」の3型。鮮やかなレッドとブルーを織り込んだ「メキシコ 66」や「セラーノ」のアッパーは、オニツカタイガーストライプでも採用されているトリコロールカラーを彷彿させる配色となっている。

ホワイトアッパーの「メキシコ 66 パラティ」には、ヒール部分にジオメトリックなテキスタイルをオン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.