くらし情報『キジマタカユキ×プリーク“ハットに接続できる”小粒パールの2WAYロングネックレス』

2021年5月30日 18:35

キジマタカユキ×プリーク“ハットに接続できる”小粒パールの2WAYロングネックレス

キジマタカユキ×プリーク“ハットに接続できる”小粒パールの2WAYロングネックレス

キジマタカユキ(KIJIMA TAKAYUKI)とジュエリーブランド・プリーク(Preek)が初のコラボレーションを実現。「ハットコードネックレス」を2021年5月29日(土)よりキジマタカユキ直営店ほかで発売予定だ。

2WAY仕様のハットコードネックレス
日本の帽子メーカー・キジマタカユキと、日本のジュエリーブランド・プリークがタッグを組み、“ハットに接続できる”ユニークなネックレスを提案。プリークのアイコニックな素材の一つ、歪んだ形の小粒パール「バロック パール(BAROQUE PEARL)」と、金を温かくて有機的な素材として捉えた「YU-KIN」を組み合わせて、ロングタイプのネックレスをデザインした。

カラーは、ホワイトパールとブラックパールの2色展開で、いずれも⼩粒な淡⽔バロックパールを用いている。ホワイトパールには、K18のゴールドプレーティングを施したSLV925を、ブラックパールは加工せずSLV925をそのまま使用して、バロック パールとミックスさせた。

留め具には、フック状にアレンジしたパーツを起用しているので、自分好みの長さにアレンジ可能。首元にあしらって、ロングネックレス風にコーディネートするのはもちろん、ハットに接続させて“こなれ感”のあるスタイリングを楽しむのもおすすめだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.