くらし情報『プーマ×プロナウンス“古代遺跡”に沈む夕日イメージのスニーカー&縄グラフィック入りウェア』

2021年7月15日 11:55

プーマ×プロナウンス“古代遺跡”に沈む夕日イメージのスニーカー&縄グラフィック入りウェア

プーマ×プロナウンス“古代遺跡”に沈む夕日イメージのスニーカー&縄グラフィック入りウェア

プーマ(PUMA)とデザイナーズブランド「プロナウンス(PRONOUNCE)」による初のコラボレーションコレクションが、プーマストア原宿などで販売。

“古代文明”から着想したスニーカー&ウェア
「プロナウンス」は、ミラノと上海に拠点を置くファッションブランド。東洋、西洋、古代の文化や哲学からインスピレーションを得た、遊び心のあるユニークなデザインが特徴だ。

今回のコレクションは、古代インカの言い伝えで“世界文明の本拠地”であると信じられているボリビアの古代遺跡「プマプンク(Pumapunku)」から着想。ラインナップするスニーカーやウェアには、その複雑な建築構造からヒントを得た、ロープ・滑車・粘土ブロックのグラフィックがあしらわれている。

遺跡に沈む“夕日”イメージのオレンジをあしらったスニーカー
シューズは、全4種類。「スウェード マユ(SUEDE MAYU)」は、アッパーにロープのグラフィックがあしらわれている。また、「バスケット ヴィンテージ(BASKET VTG)」のヒール部分には、縄のヒールタブと備えた。カラーは、アッパーやブラックまたはホワイトをベースに、“プマプンク”に沈む夕日をイメージしたオレンジをアクセントに効かせている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.