くらし情報『イッタラからフルッタ グラス&カステヘルミボウルなど、リサイクルガラス100%の新作アイテム』

2021年7月29日 13:15

イッタラからフルッタ グラス&カステヘルミボウルなど、リサイクルガラス100%の新作アイテム

イッタラからフルッタ グラス&カステヘルミボウルなど、リサイクルガラス100%の新作アイテム

イッタラ(iittala)の100%リサイクルガラスコレクションから新作アイテムが登場。ボウルやタンブラーなどを2021年9月下旬より発売する。

100%リサイクルガラスの新作アイテム
2020年に登場した100%リサイクルガラスコレクションでは、使われなくなったガラスを回収・リサイクルして、新しい原料で作られたアイテムと同等の耐久性・透明性を誇る新しいガラスを生み出してきた。ガラスの内側に見える小さな気泡が表情豊かな風合いを演出する、リサイクルガラスならではのユニークなルックスも魅力の一つとなっている。

フルッタ タンブラー
そんな100%リサイクルガラスコレクションに6つの新作アイテムが仲間入り。中でも注目したいのは、1968年にオイバ・トイッカがデザインした「フルッタ」のタンブラーだ。側面にリンゴやイチゴといったフルーツをデザインし、楽しげな印象に仕上げている。

バード オーナメント&アアルト ベース
また、1972年にオイバ・トイッカがデザインした「バード バイ トイッカ」の 鳥のオーナメント「バード シエッポ」や、1936年にアルヴァ・アアルトがデザインした流れるような有機的なフォルムが特徴的なアアルトベースもラインナップ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.